マナー向上委員会

あなたのマナー、大丈夫?

社交ダンスはペアで踊り、多くのペアがひとつのフロアで踊ります。皆が心地よく楽しみながらその場を共有するためには、守っておきたいマナーがあります。

知ってるつもりでやっていない、熟練ダンサーこそ守っていただきたい、そんな社交ダンスのマナー。ぜひご一読ください。

必要なマナー

社交ダンスは、幅広い年齢層の方が、健康のため、スポーツのため、またコミュニティ作りのためなど様々な目的で楽しめることが魅力の、世界的にも広く嗜まれている歴史ある趣味のひとつです。

そして、社交ダンスを踊る場は色々あります。娯楽で楽しむ人もスポーツで楽しむ人も、目的は違ってもダンスを楽しむためにその場に来ています。

しかし多くの人に親しまれるからこそ生まれる必然的なマナーがあります。娯楽として嗜む人も、社交ダンスのマナーを知っておくことはとても重要です。

また、男女で楽しむことが多い事から、異性に対しての気遣いが及ばないことがあります。特に女性が男性に対して物申しにくいことが多く、困っているという声をよく聞きます。あまり難しく考える必要はありませんが、相手に迷惑をかけないよう配慮する気持ちを持つことが大事です。

守っておきたい社交ダンスのマナー

カテゴリー別に今後順次わかりやすく解説してまいります。

◆身だしなみのマナー

◆行動のマナー


202●年●月27日発売の ダンスビュウ ●月号から10回にわたり「マナー向上委員会」の記事が掲載されます。そちらも合わせてご覧ください。

マナーを守って楽しく踊ろう

知れば知るほど奥深い社交ダンス。
社交ダンスのマナーを守らない人が増えてくると、ダンスが好きなのにその場に行きたくないという人が多くなってしまいます。自分たちだけが楽しむのではなく、みんなが楽しめるよう配慮しましょう。

いいダンスはいいマナーから!